エステへ行く前の準備項目

脱毛エステを比較 ⇒ エステサロン選び ⇒ 前準備


エステサロン選び

決心したらサロンで処理を受ける際の前準備をする

体験のすすめ ←|→ 勧誘されたら


処理をしてもらう為に脱毛エステに行く際ですが処理の内容によって準備が異なります

検討している時期には多分念頭にないと思います。

エステサロンで処理を受ける時には事前に店から案内が来ますが、準備しておいたほうが良いポイントについて紹介します。

エステ前準備 「処理なんてエステサロンにおまかせで大丈夫でしょ?」と思いがちですがあなたが受けるトリートメントによっては、事前にキチンと準備をしておいた方が安全性が高まったり、効果が出やすくなるでしょう。

たいした準備ではありませんから、面倒くさがらずにちゃんと準備してから脱毛エステサロンに行くのが良いです。

次の3点を確認しながら脱毛エステを比較検討すれば間違いは有りません。


 『脱毛エステ50%OFFキャンペーン実施中』

 『今だけ!全身脱毛たった○○万円』


などと書かれていたらとても魅力的に感じてしまうかもしれません。しかしその内容について記載が無かったり、あいまいでわかりにくい記載はされていませんか?


そのようなことがあれば、その脱毛エステは比較から外した方が無難です。

自社の技術に自信があればこそ、不明瞭な記載は避けるはずです。





◆ 美容電気法を受ける前の準備

美容電気法は、毛穴にニードルを差し込んで電流を流すという方法で行う関係上、エステのお試し体験や実際の施術前には毛を伸ばしておいた方が良いです。

毛が伸びている方が、ニードルを毛穴へと誘導しやすいので体験や本処置の前に毛を剃ることは止めた方が無難です。

特に、美容電気脱毛では「1分あたりいくら」という料金体系になっているエステも有りますので、処理をして下さるエステスタッフの方がやり易い状態にしていったほうが効率的に色々と事が進みます。


◆ レーザー、フラッシュや光脱毛を受ける前の準備

レーザー系のトリートメントを受ける際は、美容電気法とは違って事前に毛をキレイに剃ってくるように案内されます。

レーザーを毛根や毛乳頭に照射した際に熱が発生するので毛が多いと、発生する熱が多くなりがちという理由らしいです。

特に毛が太くて、量が多い人は高熱が発生して、場合によってはやけどをする場合も想定されますので、レーザーやフラッシュ、光での施術を受ける際は(特に顔などの皮膚がデリケートな部所を施術する際は必ず!)出来るだけキレイに毛剃りをしてから行くのがベストです。


◆ 日焼けは禁物

美容電気法(ニードル)でもレーザーでも同じですが脱毛は肌に負担がかかります。

特に日焼けした後などは、肌へのダメージが残っているので脱毛の施術は危険です。

脱毛の施術後も肌にダメージが残っているので日焼けは厳禁です。

それとレーザの場合、日焼け肌のメラニン色素が邪魔をしてしまいます。効果の面でも日焼けは禁物です。

脱毛をする際には、日光の下に肌を露出するのは肌トラブルの元ですから絶対にやめるべきです。