レーザー脱毛の原理

脱毛エステを比較 ⇒ レーザー脱毛の原理


美容脱毛


医療レーザ脱毛の原理

電気脱毛 ←|


エステサロンではレーザ脱毛は行えません。行えるのは医師だけですから当然です。

またレーザが反射しない様な対策、ゴーグル着用や機器仕様の明示など細かな法律があります。


しかし、エステサロンの光方式も原理は同じです。違いは波長(エネルギー)です。





● アレキサンドライト脱毛レーザ


医療レーザ脱毛では、ルビーレーザ、ダイオードレーザー、YAGレーザーなど多くの種類のある医療用レーザー機器の中からアレキサンドライト脱毛レーザを使用します。


このレーザ光は固定波長です。ダイオードレーザーを使う所もあります。

ダイオードレーザーは波長を変えられます。


● 医師にのみ使用が許可されたシステム


レーザ

このレーザ(アレキサンドライト)から発振される光は、波長755マイクロメートル、振幅20m/秒と言う特性をもっています。


この波長の光が皮膚表面を透過して毛根及び毛乳頭のメラニン細胞にのみ選択吸収される特長を持っています。


これによって無駄毛の毛根、毛乳頭のメラニン細胞だけが瞬間熱分解され、皮膚表面に全く傷を残さずに確実に脱毛処理が行えます。


● 照射面と照射時間


照射面

通常は1センチ単位の照射面で1秒間隔づつ照射がされます。

1回の照射時間は0.1秒で約20本の処理が可能になっています。


パチンパチンと輪ゴムを弾くような音がレーザ照射音です。

照射時間は範囲にもよりますが、ワキ下で凡そ90秒程度です。


● 脱毛完了までの処理回数


処理回数

これで当面はつるつる肌でいられますが、休止期の毛根はレーザが作用しない為、しばらくすると成長期にはいった毛がそこから生えてきます。


したがって、脱毛完了するまでは2〜3ヶ月の間隔を空けて、5〜6回の処理が必要になります。



◆ レーザー脱毛の特徴


電気法と比べると、施術時間が短くて済みます。電気法は毛穴一本一本に針を入れていきますがレーザー脱毛は一度に何本もの毛を処理することができるためです。ワキの毛なら数分で処理が終わります。


また、電気法では毛を伸ばしていないと施術できませんが、レーザー脱毛では毛を伸ばしていなくても処理が可能です。


痛みは若干あります。ゴムをはじいたような痛みとよく説明されますが、とんでもない、かなり痛い、という声もあります。これはレーザー脱毛が毛根を焼き切るという原理上、軽いやけどが起こるわけで、


毛の濃さや量によって痛みにはかなり個人差があります。


無痛だと思っていると辛いかもしれません。毛の量が多い1回目〜3回目くらいの施術では、痛みを感じる方が多いようです。



◆ レーザー脱毛のメリット


・肌の表面を傷つけない。皮膚表面を冷却しながら施術するが、軽い炎症はある。

・痛みが比較的少なくてすむ。毛の濃さや量により痛みが強い場合は麻酔を利用。

・施術時間が短い。ワキの下なら約5分。

・毛穴の黒ずみやくすみを分解する美白効果もある。


● 敏感肌、アレルギーでも心配が無い


記事5

肌は女性が最も気にするパーツの1つです。アレルギーや敏感肌なので脱毛を半ば諦めている女性も中にはいます。


しかし、アレルギー皮膚炎も敏感肌も皮膚表面の問題です。

レーザ脱毛機の光は皮膚表面を透過しますので、問題なく施術できます。


ただし、皮膚炎で色素沈着を起こしている場合には別です。この場合には沈着色素にレーザ光が反応(吸収)し脱毛効果で出ない場合があります。


色素沈着を起こしている皮膚炎の場合には、先ず、別種のレーザ治療機で皮膚炎の治療を行います。


レーザ脱毛は医師の管理下で実施する医療行為であるため、皮膚に関するトラブルも持っている人でも脱毛に先立ち、別の医療行為を行い、脱毛に支障が起きない治療を行いますので、安心できると思います。


一度脱毛してしまえば、以降、シェーバーやカミソリで剃る必要は無くなることになりますので、敏感肌の方こそ、レーザ脱毛で脱毛してしまう方が最適だと思います。


● ウブ毛処理も可能


全身どこでも可能

口の周りノウブ毛を何とかしたいと思っている方も多いと思います。

多分、理容院や自宅でシェバーかカミソリで処理しているのでは無いかと思います。


エステで行っている光脱毛はウブ毛処理が不得手のため、仕方無くそうしているのだと思います。

レーザ処理ではウブ毛の処理も可能です。


医療レーザでは毛根に対してレーザ光を照射します。毛根のメラニン細胞がターゲットになる為、毛の太い細いには関係なく、黒い毛根が有ればレーザ光で破壊できます。


背中一面に生えているウブ毛も1回の照射範囲は1センチで、1回の照射時間が1秒未満ですので、短時間に処理が可能です。


レーザ処理で顔のウブ毛も処理可能で、メイクの乗りも良くなり、毛穴も閉じますから、一層ツルツルの美肌も手に入ります。



◆ レーザー脱毛のデメリット



● 日焼け肌には向かない


ワキ脱毛の副次効果

脱毛を考えた時には肌を日焼けしておくのはネックの1つになります。


電気脱毛なら関係ありませんが、レーザ脱毛をかんがえているのでしたらネックになります。レーザにも欠点はあります。


黒い肌にはレーザ光を照射できません。

出来ないというより効果が半減すると言った方が適切です。


光は毛根に到達する前に皮膚のメラニン色素にも反応します。

このため、日焼けしている場合には日焼けが戻って、元の皮膚色になるまで待たなければなりません。


日焼け後、早く脱毛したい場合には漂白剤クリームで皮膚の色を短期間で戻してから行います。

日焼けとは紫外線で起こった軽いヤケドのことですので、皮膚にとってはかなりの負担になっています。


これがもとでシミが残ってしまった事例も<良くあります。

余談ですがレーザ脱毛を受けられたら1週間位は日焼けに注意した方が、肌の為には良いです。


● 黒く無い毛には対応できない


これはエステサロンの光脱毛でも同じです。


毛根部のメラニン細胞の黒色が光を選択吸収する性質を利用して脱毛するのがレーザ脱毛や、光脱毛の原理です。


したがって、黒く無い色の毛には反応しません。

白髪、銀髪、金髪は、レーザ脱毛や光脱毛では脱毛できません。


電気脱毛や、一時脱毛のワックス脱毛、テープ脱毛、エピクリームなどで対応するしか有りません。



◆ レーザー脱毛器は高く、レーザー脱毛行為は医療行為


レーザーはエステサロンの光脱毛とは比較にならない位のハイパワーです。

ハイパワーであるが故、細かな規定もあります。エステサロンで正真正銘のレーザーは脱毛はできません。


● 特定波長の固体レーザー


レーザー脱毛は、レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法のひとつです。

レーザーの種類としては固体レーザーとなります。


一般に脱毛レーザーの照射には医師免許が必要とされるのですが、エステなどでは医師免許を要さない代わりに、人体に影響の低い美容機器のレーザー脱毛機が使用されているため、クリニックでの照射を医療レーザー脱毛と区別して呼ぶこともあります。


違いはエネルギーの差です。レーザー脱毛の光はエネルギーが大きいということです。


● 医療用レーザー脱毛機


レーザー脱毛治療を受けるためには、数万〜数十万円の費用が必要になります。


これらの費用は、各クリニックにより大きく異なり、理由は数千万円ほどするレーザー脱毛機を減価償却する必要性からです。


従って減価償却し終わった場合には、安くサービス提供するクリニックもあります。


また、各種プランや割引キャンペーンなど、店により様々なサービスが用意されており、単純に比較することは難しいです。


特に医療レーザー脱毛については、医療用の認定脱毛機器は数種類しかなく、価格が異なっても、施術は同じ機器で行なわれているというのが実情です。

複数のレーザー脱毛機により、箇所・状態に応じた脱毛を行うクリニックなどもありますが、脱毛効果と価格は比例するものでもありません。


安価な価格帯で多くの人を経験したクリニックの方が、トラブルの対処を熟知しており、安心度は高いとも言えます。


● 厳しい規定


レーザー脱毛行為は医療行為である為、厳しい規定があります。エステサロンでレーザー脱毛などと言っていたら次を確認すると「違う」と直ぐに判ります。


・必ず医師が行なう

・医師、患者ともゴーグルを着用する。

・周りにレーザーを反射するような機材を置かない

・レーザー機器の使用を必ず明記し、明示する。

1つでも当てはまらなかったら、単なる光方式です。



◆ レーザー脱毛のトラブル



● レーザー脱毛とやけど


レーザー脱毛は原理上、毛根を焼き切るわけですから、皮膚表面に外傷は残らなくとも真皮層で軽い炎症を起こすことは避けられません。


最近ではレーザー装置の進歩によりレーザーやけどは劇的に減ったようですが、まだ稀に起こります。


炎症はクリニックにとって想定内であり、事前に光線過敏症やアレルギー性皮膚炎を検査するクリニックもあります。不安な方はエステサロンの光方式が良いと思います。


アレルギーのある方、色の黒い方、照射部位に日焼けやメラニンの異常沈着がある方、毛が濃く毛深い方などは事前にお医者さまによく相談してトラブルを避けます。


● レーザー脱毛はいつ受ける?


夏を迎える前に処理をしようとされる方が多いことと思います。でもレーザー脱毛は夏場はNGです。

日差しの弱い時期に受けてください。術後の紫外線が悪さをします。


レーザー脱毛は肌も白い冬がベストです。


夏はムダ毛を毛抜きで抜いている方が多いと思います。毛根を抜いてしまうと、レーザー脱毛では跡が残りやすいようです。かみそりで剃るだけにします。


● レーザー脱毛も完璧では無い


レーザー脱毛は短時間に広い範囲をゴソっと処理できます。まるで芝刈り機です。でも、毛の薄いところとかが残ってしまうことがあるようです。


残った毛が気になるようでしたら、電気法で1本ずつ処理してもらうと良いです。